fbpx

感動して泣きそうになる瞬間に大切なものが隠れてる

原田里史です。

本日も渋谷で
朝7時から朝活を
開催してきました。

「1ヶ月後、7月1日に
 どんな感情・気分・身体の状態に
 つながっていたいですか?」

この問いかけに答えて
6月に自分がやるべきことの
優先順位を決める。

そんな朝活を
2014年11月から
渋谷で続けてます。

今年に入ってから
月1での開催に
切り替えました。

最初の2年間は
毎週金曜日に開催したり、

固定メンバーだけで
完全にクローズドで開催したり、

色々と形式を変えて
試行錯誤してきました。

初めて開催したときは
テンションを振り切りすぎて

終わったあとに
酸欠で両手の指先が痺れていたのも
今となっては良い思い出です 笑

なぜ朝活を続けたいんだろう?

開催すればするほど
そのことを考える機会が
増えていきます。

「じゃあ、最後に
 全員で順番に

 6月のテーマとその心を
 発表して締めにしましょう」

今日の朝活の最後に
その時間を取ったんですけど

参加者それぞれが過ごしてきた
5月に対して感じているところがあって

だからどんな6月にしたいのか
想いがあってね。

あくしはね。
それを聞いてて
泣きそうになりましたね。

こういう瞬間は
突然訪れるので

自分でも
え?ここ?
って思うんです 笑

でも、
それと同時に
考えるんですね。

なぜこの瞬間は
感動して泣きそうになるほど
心を動かてくれるんだろう?

って。

だって、他の人から見たら
なーんてことないと思います。

その場にいる
おじさんとおばさん

…いや、これ、怒られるな。

かっこいいお兄さんと
かわいいお姉さんたちが
集まって

5月を振り返って
6月に何をしたいかを
話しているだけですよ。

やっていることは
ただそれだけです。

でもです。

各々がそれぞれの
人生を生きていて

今、

うまくいっていることも
うまくいっていないことも
両方とも抱えていて

それでも、次は
「これにチャレンジていきたい」
を見せてくれる。

その行動を決めてくれること
それを人前で話してくれること

すべてに、えらく心が
揺さぶられちゃうんです。

それにですよ。

あたくしにとって
これは当たり前の状況じゃないんですよ。

過去、

そもそも人前で
場を仕切るのも抵抗があったし
肩に力が入りすぎていたし

だーれも参加者がいなくて
1人で振り返りをしている
時間もあったし

こんな振り返りをしても
意味あるのかな?と
半信半疑の時代もあったし

周りの環境も、心の状態も
最初から整っているわけでは
なかったです。

あたくしはね。

自分が生きてきた
人生を素晴らしいと
感じてます。

だからね。

朝活のような
居場所を作ることで

自分の人生は素晴らしいと
思える人が一人でも増えて

その人の
心に余裕が生まれて。

周りにいる人の話を
大らかに聞けるゆとりを備えた人が
一人でも増えたらいいな

って思います。

やっぱり
感動して泣きそうになる瞬間に
大切なものが隠れていますね。

あなたも
自分にとっての
泣きそうになる瞬間に

アンテナを
貼り続けて下さいね。

その瞬間に
あなたが人生で大切にしたいものが
隠れているからです。

今日もお読み頂き
ありがとうございました!

またメールしますね♪

P.S.
朝活ってどこから
参加できるんですか?

って人は、

朝活用の公式LINEアカウント
に登録しておいてください。

そろそろまたオープンに
募集していきたいなぁと^^