fbpx

大塚の星野リゾートに泊まってみた

こんばんは。
原田里史です。

昨日は結婚2周年記念日でした。

で、ハニー(うちの奥さま)と
大塚の星野リゾートに泊まってきました。

大塚?
星野リゾート?

って、なりますよね。

案の定、友人にも
「大塚の星野リゾートに遊びにいく」
と伝えたら

「大塚の星野リゾートって怪しすぎる。
 いや、ほんとにあるのか!?」

とメッセージが返ってきました(笑)

いやいや、
あたくしの虚言癖じゃなくて
本当に実在するんですよ。

これです。これ。

大塚の星野リゾート

でも、星野リゾートって聞くと
高級リゾートのイメージがありません?

あたくしはそうです。
軽井沢の高級リゾートホテルが
シンボルとして出てきます(笑)

でもでも、

星野リゾートが
昨年から『OMO(オモ)』という

日本人旅行客をターゲットにした
都市密着型のホテルブランドを
立ち上げているんです。

で、実際に泊まってみたら
とってもユニークなホテルで
心を掴まれました。

こうしてまんまと口コミしてる
わけですからねー!!

なにがユニークかというと、

部屋は19㎡で、決して広くないんですが、
「こんな構造は見たことない!」
っていう部屋の構造になっているんですよ。

狭さという一見マイナスに
取られそうな要素をひっくり返して

この限られた空間を
いかに楽しんでもらうか

という視点で
遊び心をもって空間デザインが
されているんですね。

実際に泊まってみて、

個人がサービスや商品を作るときも
参考にできる視点がたくさんあるな、と。

売っているものは
ただの駅前のホテルですからね。

だけど、

・誰に売るのか
・どうやって魅せるのか

の部分を練りに練って
工夫して届けているわけです。

そして、そこに
新しさを感じるから
感情を動かされるから

口コミをしちゃうわけです。

身をもって体感すると
感性が刺激されて
新たなアイデアの入口になりますね。

ぜひあなたも
感性を刺激してくれる場所に
積極的に足を運んでみてくださいね~!

今日も最後まで読んで下さって
ありがとうございました!

またメールしますね♪♪