fbpx

平成最後の明治神宮お礼参り

こんばんは。
原田里史です。

生憎の雨でしたが、
今日お礼参りに行かなかったら
後悔するなーと思って

平成最後の明治神宮散歩に
行ってきました。

原宿に住み始めてから
今年で丸7年になります。

引っ越してきたのと同時に
友人と明治神宮朝散歩をはじめて
毎週月曜日に散歩することになったんです。

で、散歩している話を周りに話すと
「私も行きたい!」となったりして
頻繁に明治神宮を散歩するように
なったんですねー。

さらに、結婚するまで
『締め詣』という

12月31日の朝7時に
1年のお礼参りをするイベント

を5年連続で開催していました。

最後は20人弱が集まるようになって
なぜか人気なイベントになってましたね 笑

まー、そんなこんなで
思い返してみると
沢山の方たちと明治神宮を散歩しました。

さすがに7年の期間があったので
今では連絡すら取れなくなった人もいますが、
どの時間も貴重な時間でしたね。

そもそも、
2012年に原宿に越してきた頃、

コーチングセッションを
当時のコーチから隔週で受けていたんです。

引っ越してきた直後の
コーチングセッションで

あたくしが掲げた
ベイビーステップ(最初の一歩)こそが

「明治神宮朝散歩に一緒に行きませんか?
とFacebookに投げかける」

というアクション(行動)だったんです。

当時は、このアクションが
めっちゃ怖かったんですよねー!!

そもそも誰からも反応がなかったら
どうしよう!?

ってね。

だから、コーチとわざわざ約束して
この行動をすると決めたわけです。

今の自分から振り返ったら
笑えるぐらいかわゆいアクションですが

その時に怖いながらも
Facebookに投稿したから
今があるわけです。

すべてのアクションが
そうなのかもしれません。

やってみたいけど
すぐにできることは
普通のこと。

やったとしても
その先に大きな感動はないわけです。

だけれども

やってみたいけど
怖いことは

あなたにとって
普通のことではない。

だから、踏み出した
その先に大きな感動があるわけです。

少し話は変わりますが、

今日、入り口の鳥居をくぐって
どんな人たちと明治神宮を
散歩してきたんだろう?

と思い返してみたら
最初にふと思い出したのは

1年ほど前に亡くなってしまった
友人と散歩した記憶でした。

年齢も4つほどしか
変わらなかったため

人生は有限であることを
突きつけられました。

彼のように、ふとした瞬間に
人に思い出してもらえるような
生き方をせんとあかんですねー。

そのために
これからも

やってみたいけど
怖いことの

ページをめくっていきます。

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

またメールしますね♪