fbpx

メルマガバックナンバー

無力感に「ありがとう」を込めて

更新日:

原田里史です。

力をつければ人に貢献できる。
だから、力をつけよう。

コンサル・コーチ業を続けると
ますますその想いが強くなります。

なぜなら、
どれだけ自己成長できたかが、

貢献力にも、売上にも、充実感にも
ダイレクトに反映されるからです。

思い返してみると
もう10年以上前かもしれません。

ひとつの悔しい思い出があります。

尊敬するビジネスの大先輩と
仲良くなって

「メルマガ書いてみたんだけど
 これ、どう思う?」

と配信する前のメルマガを
見せてもらった機会がありました。

配信する前のメルマガを
見せてくれるなんて
めっちゃ嬉しいんですけど!

のぼせた気持ちと同時に
あたくしにはプレッシャーが
かかりました。

何か相手の役に立つことを
言わなければならない、と。

今から振り返ってみれば
相手は単に客観的な感想が
欲しかったんだろうと思います。

けれども、当時のあたくしは

「いいですね!
 読みやすいと思います」

しか言えなかったんです。
素敵なイエスマンです 笑

その答えしかできないことが
妙に心に引っかかりました。

「どこをどう変えたら
 もっとよくなるのか」

分からなかったんですね。

だから、当然のことながら
相手に伝えることもできなかったわけです。

もっと貢献したいのに
貢献できない…

無力感だけが残りました。

賢い人なら、
「じゃあ、知識をつけよう!」
と直結させられるのかもしれません。

でも、あたくしが
知識をつけて、経験を重ねればいいのだと
気づくまでには

多大な時間が
かかることになるわけですが 笑

さて、時は流れ、、、

今日もクライアントさんと
新しい商品の案内文を
作成していました。

Googleドキュメントを開いて
一緒に案内文の構成や
文章を作っていきます。

「リアルタイムで
 そんなにポンポン思いついて
 すごいですね!」

とクライアントの一言。

せっかく考えた渾身の商品。
絶対に売れて欲しいからね。

この商品が売れたら
もっと幸せになる人が増えるもんね。

人に貢献するために
力をつけていこう

その信念を強化してくれた
1日でした。

今日もメールを読んでくださって
ありがとうございました!

またメールしますね♪

-メルマガバックナンバー

Copyright© 売れる仕組みの作り方 , 2019 All Rights Reserved.