fbpx

イチオシの質問

原田里史です。

スペシャル愉快な時間でしたっ!

昨日は、須崎純一さんの
ビジネスコミュニティにて。

卒業生インタビューとして
1時間ほどお話をさせていただいたんです。

ちなみに、須崎純一さんとは、
2016年に初めてビジネスのコンサルを
お願いした先生です。

今、やっている
オンライン教材作りのコンサルも
須崎さんの元で作った
ビジネスアイデアなんですね。

で、

「そもそも
 なぜ起業しようと思ったのか?」

というあたくしのストーリーを

現在、須崎さんのコミュニティに
参加されているみなさんの前で
お話をさせてもらう機会を頂いたんです。

いやぁー。。。
楽しかったぁ。。。

でも、結局、蓋をあけると、
(口を開くと?)

『ビジネスコミュニティ』で
『フリーハグ』の話ばかり力説するという。

…どんだけ好きなんでしょうね。はい。 笑

人前で
「そもそもなぜ起業をしようと思ったのか?」
から話すわけですから、

あたくしの場合は
高校卒業までタイムラインを
さかのぼるわけです。

なぜなら、高校を卒業してから
“ひきこもる”という選択をしていなかったら
今の自分は存在していないからですね。

そもそも、あたくしは
「起業をしよう!」と思って
起業をしたわけではなく

ただ単に、
ひきこもりがインターネットに
どはまりして、、、

「うぉ!
 こんな世界があるのか!
 なんて面白いんだ!」

という好奇心を
その都度、追っかけてきただけ、、、

なんですね。

そこに、実は
「コミュニケーション大好き人間だった」
という事実が発覚して

お話をすると
目の前の人の悩みを解決したくなる

「その問題はどうにか解決できるんでねぇ?」
と勝手に考え始める

そんな自分の特性を
うまく捉えるようになっていきました。

そういえば
マイハニーからも
よくこう言われるんですよ。

「人の役に立てなかったと感じた時に
 よく落ち込んで帰ってくるよね」と。

はい。そうです。まさにその通り。
さすがハニーです 笑

なので、

その空間に自分の貢献分野を
見いだせないと、会話に加わる気もしない
という面倒な人間です。

でもですね。

そんな風に
客観的に認識して

自分をうまく扱えるように
なってきたなぁ

と思えるようになったのは
本当にここ1〜2年ぐらいでしょうか。

自分で仕事をするという道を選んでから
早13年の月日が流れているわけです。

我ながら、、、
気づくまでが長いなぁ
と思います 笑

本当はニンジンなのに
玉ねぎにも、じゃが芋にも、茄子にも憧れて
必死に他の野菜の生き方を真似しようと
していたわけですから、ね。

で、今日お伝えしたいのは、

「そもそも
 なぜ起業をしようと思ったのですか?」

「そもそも
 なぜ今の仕事を選んだのですか?」

という質問は
やはり偉大だなぁと。

さらに、抽象度を高めると、、、

「そもそもなぜ○○を選んだのですか?」

という質問ですね。

この質問で浮かび上がってくるのは
あなたにとっての選択基準です。

なにを選ぶときも
選択基準を言葉にしておくと

物事を選ぶ時に
迷う時間が短くなってきます。

そして、選択基準を保って
行動をしつづけると

あなたの人となりが
くっきりと見えるように
なってきます。

それが周りの人から見た時の
魅力になるんです。

そもそもなぜ、、、って
こんな感じですね。

そもそもなぜ
あなたは今の仕事を選んだのでしょう?

そもそもなぜ
あなたは今のパートナーを選んだのでしょう?

そもそもなぜ
あなたは今の住まいを選んだのでしょう?

そもそもなぜ
あなたはお金を稼ぎたいのでしょう?

カバンの中に手を入れて
手帳を取り出し、

手帳の空いているスペースに
「そもそも、なぜ」の答えを書いてみるだけで
色んな気づきがあります。

須崎さんをはじめ、
色んな方が質問を投げかけて下さったので

答えさせて頂くことから
あたくしが一番学びました。

「なるほどー。あたくしは
 そういうことを
 大切にしているのね」

と。

日頃から「そもそもなぜ?」を
たくさんぶつけて
どんな答えが飛び出してくるのか。

ぜひ楽しんでみてくださいね。

P.S.

人前でストーリーを
ベラベラ喋ったと言えば

11年前にとあるイベントで
スピーチをさせてもらった動画が
YouTubeに残っています。

“アトピーやにきびが重く人と
会いたくなくなった。

引きこもり生活からの
脱出はある旅への参加だった”

前編 5分28秒

後編 7分9秒

いやー、11年経っても、
人の本質は全く変わらんなぁーと
自分でチラ見しても思います 笑

物好きなあなたは是非みてみてね!

今日も最後まで読んで下さって
ありがとうございました!

またメールしますね♪