fbpx

質問してくれる人は、神様

ダビデ像ですってば。

こんばんは。原田里史です。

■新しいメール講座作りに着手し始めました。今の講座は、2年半前に作ったもの。

いやー、当時は、ゼロベースだったので、難産でしたね。途中までしか書けませんでした。

ところがどっこいですよ。

今度は、2人目の出産。予定では、するするっといくはずです。

楽しみにしていて下さいねー。

■売れる商品作りって、まるで、、、

彫刻家が、ただの石の塊から、道具を使って美しい像に掘り進めていくプロセスに似ている

って最近思うんですよ。

■てなわけで、本日のテーマ
『質問してもらえる関係性を作ろう』を
みていきますよ~。

◇商品・教材を自分なりに作ってみたけれども、なかなか売れない。

→ それは淋しい。

◇商品・教材の話を周りに伝えてみたけれども「やってみたい」「受けてみたい」と言われない。

→ これも虚しい。

◇言いづらかったけど、実は、自分の商品・教材のアピールポイントは、自分でもよく分かっていない。

→ うぉ…。あたしも、そうでしたね。

…読んでいて、寂しくさせてしまっていたら、ごめんなさい 笑

■本日の結論は『質問してもらえる関係性を周りに増やすこと』です。

そうすれば、あなたが商品を言葉に落とす経験が繰り返し積めます。すると、今よりもサービス・教材が売れるようになります。

「やってみたい」「受けてみたい」の声を頂くことができるようになるんですね。

そもそも、なぜそんなことを思ったか。

あたし自身も、この2年半、お客さんの質問に答え続けてきたんです。

すると、コンサルティングという形のないサービスが、形のはっきりしたものに変わってきたんです。実体験からの話なのです。

■ビジネスってまるで、彫刻家が、ただの石の塊から、道具を使って美しい像に掘り進めていくプロセスに似ているなぁ、って思うんですよ。

ミケランジェロ・ブオナローティが、大理石の塊から、道具を使って、ダビデ像を掘り出したように。

最初にあなたがサービス・教材を作っただけでは、ただの大理石の塊なんですよ。もちろん、大理石自体を欲しがる人はいるとは思います。

ですが、あなたの周りにいる見込み客、クライアントさん。その方たちからの『質問』が、大理石を掘る道具となります。

■質問を使って、答えを考える。すると、あなたの大理石はどんどん形のはっきりしたものに、削られて、磨き上げられていくんです。

それをひたすら繰り返していくことで、500年後も歴史に名が残るような作品、ダビデ像が完成していくわけです。

当然、手に入れたいと思う人は増えますよね。

もちろん、実際に、ミケランジェロが「周りにどう削ったら良いか」をめっちゃ聞いてたら、微妙ですな。

…そこの事実関係は本題ではないので、どうか温かい目で見てください 笑

■あたしがお伝えしたいのは、『質問』という道具によって、あなたの商品をより魅力的な形に磨いていって欲しい、ということ。

作ったばかりの商品・教材は、あなたが主観で必要だと思った物から始まります。それはまだ魅力的な形に磨かれてはいません。

そこで止まらずに、やりとりを通じて、客観的に見て欲しいと思われるものに磨いていくことが、商品作りの真髄です。

「ああ。自分では当たり前だと思っていたけど、まさかそこで躓くとは思わなかった」

「そうか。そこをもっと詳しく伝えてあげると、理解してもらえるのか」

「まずは150人のメルマガ読者を集めて下さいって答えたけど、どんな根拠で、そのことを自分は言ったんだろう?」

こんな風に周りとのやりとりの中で、あなたの商品・教材を魅力的なものに磨いていけるのです。

■では、そのためには、どんなことをしていったら、良いでしょうか?

それは、自分の商品に対してフィードバックを積極的にもらうことですね。

「何が分からないか教えてもらえることが、最大の勉強になるので、ぜひ教えてください」

と伝えてみてください。

ぜひ、質問の嵐を受けまくって下さいね。たくさん質問してもらえる環境を作って、そこに自分の身を置いてみて下さい。

質問をしてくれる人は、神様ですから。

ってなわけで、『質問してもらえる関係性を周りに増やそう』でお届けしました。

■このメルマガをお友達に紹介して頂けると、飛び跳ねるほど嬉しいです。こちらのアドレスを伝えてあげて下さいね。

またメールしますね♪♪