アイディアを行動にかえてみよう!インプロ(即興劇)もビジネスも、毎瞬が選択の連続

趣味のインプロから感じた、「ビジネス」との共通点

こんばんは。

オンライン教材構築コンサルタント
原田里史です。

インプロビゼーション
(通称インプロ)って聞いたことありますか?

インプロビゼーションとは
英語で「即興(アドリブ)」という意味。

打ち合わせや台本なしで
即興でお芝居をすることを
「インプロ(即興劇)」と呼んでいます。

即興でお芝居…!?

観たこともやったこともない場合は
ちょっとイメージしづらいですよね。

原田はこの
インプロ(即興劇)を
趣味としてやり始めて

早4年半も
経ってしまいました。

今月は18日に仙台でも
舞台に立たせて頂くことに…。

本当に有り難い話です。

で、

なぜ突然インプロの話を
したかというと

インプロをやっていると
これってまさに人生そのものだなぁ~
と感じることが多いからなんですね。

「人生」も「インプロ」も毎瞬が選択の連続

今生きている
あなたの人生。

それも毎瞬毎瞬
即興(アドリブ)ですよね。

神様が『幸せに成功する方法』を
台本として渡してくれて
そのセリフをただ読んでいればいい…

そんな生き方をしている人は
まずいないですよね。

…もしいたら、
こっそり教えてください(笑)

毎瞬毎瞬が
選択の連続。

・二度寝するか
・メールに返信するか
・好きな人に告白をするか
・夜0時にチョコレートを食べるか

すべて自分の選択のもと
人生が展開していきます。

思いついたことを行動に移せるかが大事

で、

インプロ(即興劇)をしながら
遊んでいると

結局、

自分が思いついたことを
行動に移せるかどうかが
大事なんだなぁと

心の底から実感するわけです。

なぜかというと

なんでもありの
即興のお芝居の世界でも

思いついたセリフが
恥ずかしくて
その場で言えなかったり

他の人に気を使って
せっかく面白い展開を思いついたのに
封じ込めてしまったり

おじいちゃんの役柄を演じたいのに
遠慮して素のままの自分になってしまったり

たった5分程度の
短いお芝居の中でも

何度もそんな自分に
出会うことになるんです。

お遊びのお芝居の世界の中でも
恥ずかしさ、抑えつけ、遠慮などが
出てくるんですよ。

手に入れたいと思う世界は決して諦めて欲しくない

こんな経験を
何度も何度も繰り返しているから

原田は
強く思うことがあるんです。

あなたが少しでも
手に入れたいと思う世界は
決して諦めて欲しくないと。

例えば、、、

ビジネスをやるってことは
あなた、もしくは、あなたの商品を
世の中に打ち出していくことです。

打ち出していくことには
恥ずかしさ、抑えつけ、遠慮などが
つきものです。

そんなときに
その感情にコントロール権を
与えるんじゃなくて

恥ずかしいまま
抑えつけてるまま
遠慮があるまま

最初の1歩を
踏み出してほしいんです。

あくまでも
行動のリモコンは
あなたの意思が握っています。

感情に完全に
奪わせる必要はありません。

踏み出した一歩を引っ込めたとしても、何度でも踏み出していけば大丈夫

もちろん一歩踏み出しても
また引っ込めてしまうかもしれないんです。

でもね。
それでもいいんです。

一歩踏み出して
引っ込めて
一歩踏み出して
引っ込めて

それを繰り返していたら
あなたのハートは
確実に強くなっていきます。

何度もそんな経験を
することで

あなたのビジネスを
打ち出していくことの抵抗は
どんどん薄れていきます。

もし、あなたが

「ビジネスの仕組みを作って
安定的な売上を作っていきたい」

「自分の作った教材が売れて
売上通知のメールが届く世界に
飛び込みたい」

「知識・ノウハウを形にして
オンライン上で販売することで
多くの人にメッセージを届けたい」

と少しでも
思い描いているのであれば

ぜひ原田の体験コンサルに
お越しください。

あなたが新しい世界に
飛び込んでいく…

そのきっかけになれるのだとしたら
こんなに嬉しいことはありませんので(^^)

あなたもオンライン商材を一緒に作り上げていきませんか?

セッションをしなければ
売上げがあがらない現状を脱して

時間を奪われずに
売上を伸ばす仕組みを作りたい方に

「オンライン教材構築プログラム」の
体験コンサルを募集させていただいています。

メルマガでいち早くお知らせしていますので、
ぜひ<こちらから>ご登録くださいませ^^

お知らせだけでなく
ビジネスに役立つヒントやここだけの話も
お届けしていますよ。

あなたにお会いできるのを
楽しみにしています。