1年の締めくくりにあなたに送りたい大切なメッセージ

朝7時から2016年の
締め詣を開催しました。

コーチング、社会人サークル、
ビジネス塾と、色んなコミュニティで
出会った人達が参加してくれて、
至る所で新しい交流が生まれていて、
開催できてとても充実した時間でした。

とはいえ、人数が
15人以上になってくると、
遅刻欠席などの対応に
漏れが出てきてしまうので、
来年に向けての改善点も見えてきました。

やってみるは、最大の学びですね。

今年も『朝』という時間に
沢山のギフトをもらいました。

2年前にイタリアのベネチアから
成田に向かう帰国便で、
隣に座ったおばさまと
意気投合して8時間ぐらい
話し込んだことがあったんですね。

おばさまは当時60歳。
最愛の旦那さんを13年前に
亡くしてしまったとのこと。

ふさぎ込んでいた時期に、
希望を持って生きなくてはと思いたち、
イタリア語の勉強を始めたそうなんです。

それ以降、毎年12月の誕生日に合わせて、
イタリア旅行のプランを1人で組み立て、
帰国の飛行機の中で誕生日を迎える・・・。
そんな素敵な旅行をされているおばさまでした。

そのおばさまが
「よく行くお寺にこんな
言葉が書いてあって、
それを心に刻んでいるの」

と教えてくれたんです。

その言葉は

朝は希望に起き
昼は努力に生き
夜は感謝に眠る

というもの。

僕も、いろんな感情の起伏を
経験させてもらった
イタリア旅行の帰国便の中でした。

そのため、この言葉を聞いたときに
シンプルなのに、
人生に必要なエッセンスが
すべて表現されている!

と、とっても興奮してしまったんですね。

今年の最後に何を書きたいかなぁ?
と思ったときに、自然と
この言葉を思い出しました。

あなたにとって新年の朝が
希望に満ち溢れたものとなりますように。

今年の最後までお読み頂き、
本当にありがとうございました!

  1. 欲しい成果に近づくためのヒント〜ゲアリー・ケラー著『ワン・シング』より
  2. 『7つの習慣』で一番重要な部分とは?理想の自分の”終わり”を意識してみよう!
  3. 1人で悶々と悩み続ける以外の道がある!須崎純一さんの個人コンサルを受けて1年で、…
  4. カウントダウンアプリ『Dreamdays』 終わりがあれば、どう過ごしたいか明確…
  5. 躊躇するときこそ、勇気を振り絞って飛びこもう
PAGE TOP