文章術講座開催!怖いけどやりたいことの先にこそ自分の欲しいものがある

本日、無事に文章術講座を
開催させて頂きました!

予定調整で色んな方に
ご協力いただいて、
本当に感謝しております。

朝活を主催して場を
仕切ることは当たり前の
ようにやっています。

ですが、久々に会議室を借りて
人前で講座を開催したので
ちょっぴり緊張しました。

それでも、緊張する場に立てる
ことが成長につながるので、
とても良い経験になりました。

いやぁぁぁ。
今回、感じたことは、これ!

『決めることで現実が動く』

ってことですね。

もう当たり前すぎることかもしれませんが。

今回の講座は、
今年何度も通っていた
“エンパシーチャート”という
文章術の講座だったんですね。

で、エンパシーチャートの講座を
開催できるようになる認定コーチ
の資格があるんです。

その認定コーチの資格を取る
ためのチャレンジのひとつでした。

実際に講座を開催してビデオ撮影をする。
そのビデオを本部に送って
審査をしてもらうことで、
認定コーチの資格をもらえるんです。

でね。

ここでお伝えしたいのは、
脱落する人が出てくる
ってことなんですね。

つまり、認定コーチの資格を
取るための講座に出たけれども、
結局講座を開催せずに
何年も経ってしまう人です。

だってなんの強制力もないから、
やらなくてもいいんですよ。

これって、何事でも同じような状況に陥りますよね。

友人に書籍を進めてもらって
購入したけれども、読まずに
何年も置いたままにしてしまう。

好きな人が出来たけれども、
一歩踏み込まずに何年も経ってしまう。

よくある状況です。
でもね。

自信って、いつもの自分だったら
やらなかったことをやったときに、
芽生えると思うんです。

昔は、未体験に飛び込むことが本当に怖かった。

2009年にコーチングを学んだときも、
認定コーチの資格を取得するのに
100人コーチングという課題があったんです。

それも、怖くて行動できなかったんですね。

実際に100人コーチングをやると
決めるまで、3年の月日がかかりました。

でも、決めたら、3ヶ月で
116人のコーチングをしました。

そう。
今は知ってしまったんです。

怖いけど、やりたいことの先にこそ、
自分の欲しいものがあるし、
やったからこその世界、
物の見え方が手に入ると。

やりたくて自然とできることは、
もうやっていると思うんですよ。

でもね。
やりたいけど、怖いことは、
後回しにしちゃうんですね。

怖いからです。
先が読めないからです。
対処しきれなくなる自分を見られたくないからです。

そうですよね。

後回しにすれば、怖いという感情
と距離を取っておけるんですね。

あなたはいつでもその先に進めます。

たった1つ必要なことは、決めることだけ。

だとしたら、今、何を決めたらいいでしょうか?

2016年も残り8日間。
大切にしましょうね。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

  1. 【ご感想】体験コンサルだけでも、なんだかすごくいいものができそうな気がしてきまし…
  2. 最後だとわかっていたなら、どんな1日にしますか?
  3. オンライン教材作りをサポートしたクライアントさんの変化は?
  4. 怖さ、不安を感じることにチャレンジしてますか?
  5. あなたの心が喜ぶ出会いを作り出すために必要な「窓」とは?
PAGE TOP