派遣を続けるか、独立するかの分かれ道で僕が選んだ選択

2005年、24歳の頃、インターネットを使って
ハーブティーを売ることになったんですね。

当時、派遣社員として
携帯電話関連の工場で
1年3ヶ月ほど働いていました。

「仕事を辞めます」と上司に伝えると
「これだけ真面目に働いて仕事を
 覚えてきたのに、辞めるなんてもったいない」

と伝えてもらいました。

新たな派遣社員がやってきては、
2週間〜1ヶ月でバタバタと辞めていく職場でした。
コツコツやってくれる人は貴重だったんですね。

「この先なにをやるの?」と聞かれて
「インターネットでハーブティーを
売っていきたいんです」
と伝えると
「絶対に失敗するぞ」と言われました。

今ほどネットで何か販売する
ということが浸透していない
時代でしたから無理もないと思います。

でも、即答で
「ありがとうございます。
最初からうまくいくと思っていません」

と答えてました。
昔から、ひねくれた性格が
ぶれてないですね(笑)

人生は分かれ道だらけです。
お前はどっちを選ぶの?
と常に突きつけられます。

派遣を続けるか、独立するか。
セミナーに申し込むか、申し込まないか。
相手に想いを伝えるのか、伝えないのか。
チョコレートを食べるか、食べないか、などなど(笑)

無数に選択があります。

どちらを選んだとしても、
その先の道を充実させるんだ、
という覚悟を持つこと。

振り返ったときに、
この道を選んで良かった、
と思える生き方をすること。

ちなみに、本腰入れてネットで
販売していたハーブティーは、
当時月商60万円ほど稼げるまでになりました。

今ではもう扱うことはなくなりましたが、
今の道を歩み続けることになった大きな分岐点でした。

今いる道はあなたが選んだ道。
選んで良かったと証明していきましょうね。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!