10年後も同じことで悩んでいると思う?〜本田晃一さんとの会話から教わったこと

「今、悩んでいることがあるよね。
10年後の自分を想像してみて。
その悩みをまだ持っていそう?」

「いや、もう悩んではいないですね・・・」

「だよね。それって、それだけ自分を
信頼できているってことだよね」

昔、本田こーちゃんとこんな会話をしたのを思い出しました。

その時、具体的に何を相談したか、
今になっては覚えてすらおりません(笑)

今日、今の自分にとっての
課題だなぁと感じることが、
ぶわーっと溢れ出てきたんですね。

その課題をあーでもない、
こーでもないと考えている間は、
なんだかイヤな感じに包まれちゃったんですよ。

でもでも。そもそもね。

何年か前の自分に戻ってみると、
もっと手前のことに悩んでいたわけなんです。

今抱えている課題に対して悩むことすら、
その課題を掴むことすらできなかったよなぁ〜と。

そう捉えられると、
今抱えている課題の見え方も変わってきます。

人生のページをめくる度に、
新たな課題が見つかります。

目の前の課題に対峙したときに、
もう無理なんじゃないか、
と思うこともあると思います。

けれども、じゃあ、10年後も、
無理だと感じて止まっているかとしたら、
決してそんなことはないんです。

どうにか乗り越えられてしまうんですね。

今、あなたが抱えている課題があると思います。

10年後、それよりももっともっと先に進んだ自分がいます。
その10年後の自分から今の課題を見たとしたら、どんな風に見えるのでしょうか?

難しいと感じていることが、
意外に、チャンスの山かもしれませんよ。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

  1. 「それ買いたいっ!」という気持ちを抱いてもらうには?
  2. 殿村進さん『宝生十訓』- 出来事に対してどんな態度を選んでいますか?
  3. 継続した収入が生まれる!あなたのビジネスに自動販売機を設置する方法
  4. 募集しても反応がなくて萎える…。商品の販売導線を明確にすると良い理由…
  5. アイディアを行動にかえてみよう!インプロ(即興劇)もビジネスも、毎瞬が選択の連続…
PAGE TOP