最初の一歩を踏み出すには、小さく、鮮度が高いうちに!

やってみたい!と思ったら、
その日のうちに、
最初の一歩を踏み出してみることです。

例えば、僕が今、配信しているLINE@。
7月に起業家の友人の家に
遊びに行ったときに
「絶対にやった方がいいですよ」
と伝えてもらったんですね。

夜に家に帰って、
さっそく登録しました。

なぜかというと、
時間が経てば経つほど
心の温度感は下がりますし、
やることを流してしまう
自分を知っているからですね。

鮮度が高ければ高いほど、
行動に対してのエネルギーは少なくてすみます。

ほんでね。
完璧じゃなくていいんですよー。

完璧になると、
最後まですべてを見通さないと
行動できなくなってしまうんです。

完璧とはオサラバしてくださいませ(笑)

実際に僕も、7月に登録をして、
配信を始めたのは、10月の半ばです。

でもでも、LINE@のアカウントを持ったことで、
どんな風に活用したらいいか?
というアンテナを立てていたんですね。

だから、最初は本当に
小さな一歩でいいんです。

例えば、小さい頃に、
砂場で山を作った方も多いと思います。

あのとき、山の真ん中に
トンネルを作ったりしましたよね。

トンネルを貫通させたい!
という目的を持ったときに、
あなたがすることは、
シャベルで、ひとかき、ひとかき、
砂をかきだすことですよね。

シャベルで砂をかきだす行為を
止めてしまったら、トンネルを
貫通させることはできません。

ですが、ちょっと違った見方をすると、
シャベルのひとかきを繰り返すだけでいいんです。

あなたの中にある、
やってみたいことも、
これと同じです。

「次のシャベルのひとかきはなんなのか?」

常にそれだけを見つけて、
ひとかきずつ集中していけばいいんです。
だって、その繰り返しですから。

さらにダメ押し。

別な言い方をするなら、
当日1点アップのススメです。

「今日の満足度を1点あげるとしたら、
寝る前になにができるのか?」

それを見つけて、今日の最後に
ひとつだけ行動しちゃうこと。

例えば、シンクにそのまま
置いていた洗い物を片付ける。

人と会うお仕事をしているんだったら、
明日会う人達との会話をシミュレーションする。

明日の仕事に役立ちそうな
本を5ページだけ読んでみる。

良質な質問が、良質な答えを導きます。
ぜひ自分にたくさん質問をしてあげてください。

でね。次に何をやればいいのか、
分かって、そのことが附に落ちると、
人間は行動できるんですね。

今、やることを1つに絞るだけで、
圧倒的に一歩踏み出しやすくなりますよ。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

  1. 仕事の能率をあげる4ステップ
  2. すでに成果を出している人と一緒に過ごして自分の制限を外そう!〜本田晃一さんに学ん…
  3. 早めに相談してみよう!餅は餅屋、何事も専門家に頼むのが1番てっとり早い
  4. 10年前と比べて、出来るようになったことは?
  5. LINE@を10日間配信して気づいたことは?
PAGE TOP