あなたの心が喜ぶ出会いを作り出すために必要な「窓」とは?

今朝、友人と話していて、
興味深い話題が出てきました。

それは「どの窓を開けているのか?」という話。
これって“他人と交流するための窓口”のようなもの。

え?どういうこと?
って感じだと思うので、
もう少し説明させてもらいますよー。

例えば、僕は
「人に相談してもらう」
という窓口を開けているんですね。

それって、この窓口に
遊びに来てもらえると、
心が喜ぶからなんです。

個人事業主の方向けに、
コンサルティングをやっているのも、
コーチングをやっているのも、
とどのつまり、
相談されると嬉しいからなんですね(笑)

ぶっちゃけ僕にとっては
手段はなんでもよくって、
ただ人に相談されたら嬉しいんです。

だから、街中で道を聞かれる
だけでも嬉しいわけです。

1日に何人もの人と話せると、
確実に僕の幸福度は上がります。

渋谷でフリーハグをするのも、
90分間に50人もの人と交流できるから、
最高な時間なんですよ。

もはや、この場合は、
相談という概念ではないけれど(笑)

でも、これが「キャンプをしよう」
みたいな窓口だとクローズドなんですね。

「うわ・・・知らない人と
泊まるなんてしたくないし・・・」
「ご飯を作ったり食べたり
するよりも話を聞きたいし・・・」

となっちゃうわけです。

でも、キャンプをしながら
人とつながりたい人にとっては、
もう、キャンプそのものが快楽ですよね。

「キャンプで話せるからこそ
人間関係が深まるんだよ」
となるかもしれない。

でね。

これは、どの窓口が空いていたら正解
という話ではなくて、
人によって全然違うってことなんですね。

その上で、自分は、どんな窓口が
オープンなのかを知ることが大事だなぁ〜って。

さらに言うと、
どの窓口がオープンになっているかも、
自分目線と他人目線がありますよね。

僕は
「人に相談してもらうって窓口を空けている」
と思っていたとしても、

他人からみたら
「いやいや、君に相談しづらいし・・・」
ってことも往々にして起こるわけです。

ひゃー、悲しい(笑)

まずは、自分は
どんな窓口をオープンにしたいのか、
を知ること。

そして、他人には、
どの窓口がオープンに
見えているのか、を知ること。

知ろうとすることから始まると思うんです。

で、もし、僕が
「人から気軽にキャンプに
誘ってもらいたいぜ!」
って思うようになったら
その時点で窓口を空ける
準備をすればいいんです。

「最近キャンプに興味あるんだよね」
と人に言ってみる。

キャンプグッズの写真を
さり気なくFacebookに挙げてみる。

とかね。

現状を知ることで、
どの窓口を空けていけばよいか、
次の一歩が見つけられるというわけです。

あなたは、どんな窓口で
人とつながれると、心が喜びますか?

ぜひ楽しんで窓口探しをやってみてくださいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!