『小まめに、早めに』を徹底しよう

わぉ!この人もLINE@に登録してくれていたんだ・・・

最近、反応をもらう度に、
そんな喜びを味わえて嬉しいです。

誰が読んでくれているか分からないって、
意外に楽しいもんですね(笑)

本日も引き続き、タスク管理に通じる話を。

『小まめに、早めに』

結局、これを徹底することじゃないかなーって、最近、思ってます。

洗濯機を回して終了音が鳴ったら、そのまま干す。
取り込んだら、そのまま畳む。
シンクに食器を置いたら、そのまま洗う。
家に帰ってきて服を脱いだら、そのままハンガーにかける。
歯が痛いと思ったら、そのまま歯医者に電話して予約する。
返信が必要なメールが届いたら、そのまま返信する。

『小さく、早く』と言い替えてもいいかもしれません。

タスク管理法で有名なGTDの世界でも
“2分以内で終わることはその場で終わらせる”
という「2分ルール」もありますもんね。

他にも、何日も先延ばししていることほど
やってみたら、10分〜20分で
終わるなんてことも、よくあります(笑)

なんだ、、、
何日もこのタスクに気持ちが引っ張られていたのに、
こんなにすぐに終わっちゃうなら、もっと早くやれば良かった!
なんてね。

なぜ『小まめに、早めに』を勧めるかというと
未完了は、脳のエネルギーを大きく奪うからです。

やるか、やらないか
今やるか、あとでやるか

小さな決断を宙ぶらりんなまま放置して、
そのコトを考える頻度が増えるほど、
脳のエネルギーは消耗していきます。

小さな未完了を、その場で完了に昇華させる。
これがあなたの人生を展開させていく推進力になります。

5分でできるけれども、
つい先延ばしにしちゃっていることはなんでしょう?

ぜひ取りかかってみてくださいね。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

  1. オリジナル商品を作ることに挑戦してますか?
  2. 心にスイッチを入れる方法
  3. もう自己否定はいらない…。影響を受けた出会いがあなたのハートを組み立…
  4. 共感を生む文章術『エンパシーチャート』と達成のプロセスの共通点
  5. 充実した毎日を過ごすには?たった2つの人生の構成要素を意識してみよう
PAGE TOP