あなたの原点になった1日は?

『友とコーヒーと嘘と胃袋』
というミスチルの曲があります。

桜井さんが酔っぱらった状態で、
間奏中に絶叫している面白い曲。

その中に
「なんだって飲み込んで
なんだって消化して
全部筋肉に変えてしまおう」

という歌詞があるんですね。

今日はそんな話です(笑)

僕は、高校卒業をしてから4年間、
自宅でひたすたらパソコンを触っていました。

その時にインターネットの世界に魅了されて、
独学でホームページの作り方を覚えました。

22歳の頃、1年半だけ
工場で派遣社員として働く道を選びます。

だけれども、100時間残業をして、
ようやく月のお給料が20万円。

大学進学も諦めていた僕は、
このまま毎月20万円で
生活する将来は嫌だな
という思いが募ってました。

そうだ!ホームページを使って
お金って稼げるんじゃないの?
と思いつき
ネットでお金を稼ぐ方法を調べて、
アフィリエイトに辿りつきます。

24歳になり、アフィリエイトで
月10万〜20万程稼いでいる方と
知り合うことができ、
その勢いで派遣社員も辞めてしいます。

とはいえ、すぐにはお金は生まれません。
活動資金はどんどん減る一方。

再びバイトをしなくてはなぁ〜
と思って、引越バイトを1日してみることに。

早朝、実家のある群馬から
電車に乗り、1時間かけて埼玉の大宮へ。

引越事務所に行って挨拶をすると
「君、あのトラックの社員さんと行動してね」
と配属のトラックを教えてもらいました。

トラックに近づいていって、
運転手さんに「おはようございます!」と挨拶すると
トラックの運転手は、目も合わせずに完全に無視・・・。
いわゆるシカトというやつですね。

これは偉いところに来てしまったぞ、
と思いながらも
「何か手伝うことはありますか?」
と聞いてみるものの、再び完全に無視。

何もできずにトラックの横で出発を待っていると
「なにやってんだっ!早く乗れよ!」
と運転手さんに大声で怒鳴られました。

これが僕にかけてくれた第一声。

その後も、どこに行くのかなんの
説明もされないままトラックに
乗せられて、いちいち叱られる。

それでも、運転をしながら、
彼女らしき人とずっと
携帯で話をしているんですよね。

僕の振る舞いで気にくわないところがある度に、
通話を止めて叱ってくる始末。
理不尽に感じることばかりでした。

肉体的にも精神的にも
ヘロヘロになって、
群馬の家に帰り、僕は悟りました。

もう誰かの下で働くのは辞めようと(笑)

人を人として扱わないところにいたくない。
自分もそんなことはしたくない。
だったら、自分で道を切り開いていく。
そんな決意を持った24歳の夏でした。

そこからアフィリエイトに集中して、成果を出します。

その後も10年間、
様々なことに手を出しながら、
フリーランスとして活動し続けています。

僕は、自分で歩いていく道しか見ていません。
それが、好きで楽しくて、選んでいます。

それでも今となっては、
この道を歩み続ける筋肉に
なってくれた出来事だったんだよなぁと。

冒頭のミスチルの曲を聴く度に、
僕は、あの日を思い出します。

あなたの原点になった1日はどんな1日でしょうか?
それはどんな体験で、
誰のどんな言葉がきっかけになっていますか?

たまに思い返してみると、
当時とは違った見え方がするかもしれませんね。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

  1. 想像をふくらませたい!半年後どうなりたいのか、様々な角度から具体化しよう
  2. 2017年スタート!『1年=356日』、どのような時間の使い方をしますか?
  3. 殿村進さん『宝生十訓』- 出来事に対してどんな態度を選んでいますか?
  4. 子どもの頃好きだったことを思い出して好きのエッセンスを見つけよう!
  5. 人生を豊かにしてくれる感情とは?
PAGE TOP