その言動は、誰かの心にどんな影響を与えていますか?

「原田くん、これ・・・」

中学1年生が終わる頃、
同じクラスの女の子から
手紙をもらいました。

そこにはこう書かれていました。

「前に学校でとても落ち込んでいたときに、
原田くんが大丈夫?と声をかけてくれて、元気が出たんだよ。
あの時は、どうもありがとう」

と。

中学1年生が終わる頃
だから、当時13歳。

そう言えば、その子が
いつも仲良しの女子グループから
敬遠されるようになって、
ふさぎ込んでいた頃、
そんな言葉をかけたような・・・

それぐらいの記憶でした。

でもでも、自分が
何気なくかけた言葉が
思った以上に相手のことを
勇気づけていて
心に残り続けること
なんてあるんだなぁと。

手紙を読みながら、
初めて味わう感情に包まれました。

そうそう。
人の心の中には
バケツがあるそうな。

その中に、入っている
お水の量は、日々、
増えたり減ったりしています。

あなたの言動によって、
目の前の人の心のバケツに
お水を足してあげることも、
お水を奪うこともできちゃう。

お水を足してあげたいな
と思っても、うまくできなくて、
反対に奪ってしまうこともありますよね。

けれども、誰かの心のバケツに
水を注ぎ続けられる人として生きたい。

そう思う原点になった出来事。

あの時もらった手紙は
今はどこにあるかは分からないけども
ともやまさんが書いてくれた手紙は
今も僕の心のバケツに
水を注ぎ続けてくれています。

この人の心のバケツに
水を注いであげられる言葉は、
どんな言動だろう?

そんな問いかけを大切に。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  1. 文章術講座開催!怖いけどやりたいことの先にこそ自分の欲しいものがある
  2. 積み重ねるって偉大!日常の積み重ねで迎えた節目100回目、アフグロ朝活
  3. 葛藤の先へ進んでみよう!フリーハグから学んだ、やりたいことを素直に行動に移す大切…
  4. 10年後も同じことで悩んでいると思う?〜本田晃一さんとの会話から教わったこと
  5. 子どもの頃好きだったことを思い出して好きのエッセンスを見つけよう!
PAGE TOP