【5ヶ月で71万円 vol.1】71万円の売上到達まで二人三脚でやったことは?

こんにちは。原田里史です。

体験セッション19件、継続セッション6件の申込み

サポートから5ヶ月目に入った
カウンセラーのクライアントさん。

コンサル開始から

体験セッション 19件
継続セッション 6件

になり、

売上げも71万円を越えたと
ご報告を頂きました。

報告を頂いた直後にも
さらに体験セッションが2件追加で
入ったそう。

とはいえ、

継続でサポートできる人数は
限られてしまいますよね。

だからこそ、

インターネット上で完結できる
オンライン教材を一緒に開発中です。

体験セッションの反応も良好なので
オンライン教材の反応も
期待できそうです(≧∀≦)

でねでね。

これは、二人三脚で動いていけば、
必ず出せる成果だと、僕は実感しているんです。

もちろん、クライアントさんには
毎週やるべき課題に
向きあってもらっています。

やるべき課題を明確に
ひとつひとつこなしていく・・・。

継続こそが成果に
つながっていきます。

継続という前提を持ちつつも、

どうすれば
実際に成果につながっていくのか?

僕なりに振り返ってみました。

そこで、今日のテーマ!

5ヶ月間で71万円の売上げ到達までに
二人三脚でやったこと

をお届けします。

あなたのビジネスの売上げも上がる
ヒントが満載ですよ~。

コンサルを受ける前のクライアントさんの状態

クライアントさんが
僕のコンサルを受ける前は

・カウンセラーとしての活動を3年間継続中
・メディアは、アメブロとメルマガを所有
・商品は、3種類のセラピー・カウンセリングを提供
・DVD教材を作りかけたものの、半年間は停滞中
・2016年4月の時点で申込みが激減して不安

このような状態でした。

元々、お知り合いの方で
Facebook経由で僕の7日間メール講座
ご登録いただき、

後日、体験コンサルを
受講して下さいました。

体験コンサル後に
半年間の本コンサルに進んで下さって
5ヶ月間、2人で歩んできたわけです。

今年に入ってから減ってしまっていた
体験カウンセリングの
申込みをなぜ増やせたのか?

決定打になったポイントを
書かせていただきますね。

体験カウンセリングを増やす決定打になった要因は?

何よりも大きかったのは

商品メニューを1本に絞ったこと

です。

今回のクライアントさんの場合、

アメブロを開いたときにも
メルマガのフッターにも

・カウンセリング
・癒やしセラピー
・解決プログラム

と3種類のセッションメニューが
並んでいました。

さらに、お客さん視点から見たときに
なにがどう違うのか、曖昧だったんですね。

そうすると、せっかく
興味を持ってもらったとしても

どれに申し込んだらいいのか分からずに
お客さんが離れていってしまう

ことが起こります。

商品メニューを増やすことは諸刃の剣

あえて言うならば、
商品メニューを増やすことは
諸刃の剣です。

なぜなら、

あなたと、どの商品で契約すればいいのか
お客さんが考えなければならないからです。

メニューが1つだけであれば、
お客さまが考えることも1つだけ。

その1つとは

・申し込むか
・申し込まないか

この2択で済むんです。

けれど、
商品メニューが増えれば増えるほど、
考えることが複雑になってきます。

・どれに申し込むか
・それぞれの違いは何か
・1番自分に合っているものは何か

お客さんに
検討してもらわなければならない
項目が増えてしまうんですね。

基本、人は考えるという行為を
後回しにする生き物です。

それゆえに

どれが良いのか考えたくないから
申し込まないという

流れが出来上がってしまいます。

商品提供側からしたら
悲しい流れですよね。

1つだけしか売れないとしたら、何を売るのか

なので、

もし、あなたが
ブログやメルマガに
複数の商品メニューを
並べている場合は

こんな風に
自分に問いかけてあげてください。

1つだけしか売れないとしたら
なにを選ぶのか?

提供しているメニューを
1つにまとめるとしたら
どんな形になるのか?

ぜひ、商品メニューを
1つに絞ることを意識してみてくださいね。

あなたと契約する方法が明確になるので、
周りからの反応が変わりますよ~。

そして、2つ目のポイントは
「サービス料金を複雑にしてませんか?」
です。

合わせて読み進めてみてくださいね。

  1. 集中して行動してみよう!オンライン教材構築コンサルティングでやっている関わりは?…
  2. お客さんの反応が変わる!文章術講座で教わった、ハートを射止める「ベネフィット」の…
  3. 「それ買いたいっ!」という気持ちを抱いてもらうには?
  4. オリジナル商品を作ることに挑戦してますか?
  5. カウントダウンアプリ『Dreamdays』 終わりがあれば、どう過ごしたいか明確…
PAGE TOP