マインドセット

どんな物差しで評価していますか?『イノベーションのジレンマ』より

こんばんは。原田です。

29日、30日、31日と、
今年も残り3日間になりましたね〜。

今日は、どんな1日でしたか?

『イノベーションのジレンマ』を書いた
ハーバードビジネス・スクール教授
のクリステンセン氏は

「人生を評価する物差しを持ち、
人生の終わりに成功だったと
評価できるように毎日を過ごすべきだ」

と伝えています。

1年間という時を過ごして、
あなたの1年はどうだったでしょうか?

1年を通じて、成功だったと評価できるものでしたか?

とはいえ、自分にとっての
物差しが明確でないと、
評価もしづらいですよね。

さらに言うと、
何を“物差し”にしていくのかさえも、
自分で決めて行かなければなりません。

“たくさんの人と出逢う”ことを
物差しに据えていた人は、
どれぐらいの人と出逢えたかで
1年を評価できるかもしれません。

“感謝の言葉を伝える”ことだったら、
日々どれだけ伝えられたかを
振り返ると何かが見えてくるかもしれません。

“売上げを達成する”ことだったら、
どれだけ目標の数値に近づけたか
ということを見れば改善点も
上がってくるかもしれません。

またオリジナルの物差しを見つけるときに、
木の根にあたる物
(スタンス・あり方)
なのか、
葉や木の実にあたる物
(スキル・テクニック・成果)
なのか
を見極めることも大事です。

なぜなら、
一定の成果を得るためには、
スタンスやあり方を明確にして、
じっくりと取り組んでいく
必要があるからなんですね。

僕は12月に入ってから、
日報を書くペースが緩んできたら、
取り組みに対しての速度も
緩んでいってしまいました。

やはり、
毎日何に取り組むのかを
しっかり持つことが大事だなぁ

と実感した12月でした。

あなたの2017年は、なにができたら、成功なのでしょうか?

ぜひオリジナルの物差しを見つけてみて下さいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

最後まで読んで下さったあなたへ

メール講座「あなたもできる!独自コンテンツを販売して資産型の収入を作る7つのステップ」

売れるオンライン教材を構築して、資産型の収入源を作れる7つのステップを配信しています。体験コンサルの優先案内もメルマガから行っています。ぜひ下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスをご入力ください。

LINE@「日々思ったこと、感じたことを発信」

LINE版のメルマガでは、原田が日々思ったこと、学んだことを配信しています。下の「友だち追加」の画像をクリックしてご登録ください。また、LINEのID検索で「@harada0101」を検索しても、お友だち追加できます。アットマークも含めて検索してみてくださいね(^^)

友だち追加

関連記事

  1. マインドセット

    新しい情報を得ることに疲れてしまったときには…

    今日は、情報に触れるときに大切になること。これを意識するよ…

  2. コミュニケーション

    目的をもつことでできていることにフォーカスしよう!

    どんな状態に行きつきたいのか。そこが不明確であれば、行きた…

  3. ビジネス作り

    共感を生む文章術『エンパシーチャート』と達成のプロセスの共通点

    最近、“エンパシーチャート”という文章術の講座に参加してきました。…

  4. マインドセット

    1年の締めくくりにあなたに送りたい大切なメッセージ

    朝7時から2016年の締め詣を開催しました。コーチング、社…

  5. マインドセット

    完璧主義を卒業して、永遠のベータ版を生きよう!

    オンライン教材構築コンサルタント原田里史です。前回の「自分…

  6. マインドセット

    早めに相談してみよう!餅は餅屋、何事も専門家に頼むのが1番てっとり早い

    早めに相談をしてますか?オンライン教材構築コンサルタントの…

▼無料メルマガの登録はこちら

プロフィール


個人起業家のための
オンライン教材構築コンサルタント
原田里史

プロフィール詳細はこちら

Facebook

オススメの記事

  1. 体験コンサルの感想

    【ご感想】「喜ばれる教材」に今の仕事が形を少し変えるだけだと思いぜひやってみたい…
  2. コミュニケーション

    理想の生き方をしている人にアクセスしよう!
  3. ビジネス作り

    【5ヶ月で71万円 vol.3】「本プログラムへの申込みが連続で成約し続けていま…
  4. コーチング

    心にスイッチを入れる方法
  5. コーチング

    欲しい成果に近づくためのヒント〜ゲアリー・ケラー著『ワン・シング』より
PAGE TOP