マインドセット

新しい情報を得ることに疲れてしまったときには…

今日は、
情報に触れるときに大切になること。

これを意識するようになってから、
本当に心軽やかに動けるようになりました。

結論を伝えると、
新しい情報に触れるときに
それは“学びになるか”ではなく、
“自分の心の状態が上がるか”
で選ぶようになったことです。

Facebookを観る、
ブログを読む、
本を読む、
イベントに参加する・・・。

身近な人の発信・活動に触れることが、
とても容易にできる時代です。
もちろんそこから受けられる
メリットはたくさんあります。

それでも反対に
「あれもいいよ」
「これもいいよ」
「今度はこんなものができたよ」
と、次から次へと情報がやってくる。

そうすると、その洪水に飲み込まれて、
自分を見失ってしまう時もあるんですね。

学びになるから
読んでみる、
やってみる、
参加してみる。
そういった姿勢も、とても大切です。

なぜなら、学び取ろうと思えば、
必ずひとつのことから
何かしら吸収できるからです。

でもでも、こんな状態に
陥っていたとしたら、どうでしょう。

この人、こんな活躍しているんだ・・・
(自分は、まだまだだなぁ)

この本、知らなかったことが
たくさん書いてある・・・
(けども、まだこんなに覚えなきゃいけないのかぁ)

あのイベントも面白そうだし、
このイベントも面白そう・・・
(でも、刺激が多すぎて疲れてきたなぁ)

新しい情報を目にして、
そこから受けた刺激で、
あなたの心はどんな
反応を起こしているのか。

心の反応こそが大切。

情報を仕入れるほど、
自信を失うのだとしたら、一旦、
情報を仕入れるのは辞めること。

「足りない」という意識で行動すればするほど、
「足りない自分」が強化されるだけだからです。

だからこそ、
情報を仕入れようとして、
自分の状態が上がっているのか、
下がっているのかに着目して欲しいんですね。

状態が上がるときに吸収するからこそ、
学びの感度も上がって、
より多くを吸収できるんです。

もしかしたら、本当は不必要な
情報に囲まれているかもしれませんよ〜。

手放すのは、怖いことかもしれません。
でも、多くを吸収できる
瞬間が来るから大丈夫ですよ。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

最後まで読んで下さったあなたへ

メール講座「あなたもできる!独自コンテンツを販売して資産型の収入を作る7つのステップ」

売れるオンライン教材を構築して、資産型の収入源を作れる7つのステップを配信しています。体験コンサルの優先案内もメルマガから行っています。ぜひ下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスをご入力ください。

LINE@「日々思ったこと、感じたことを発信」

LINE版のメルマガでは、原田が日々思ったこと、学んだことを配信しています。下の「友だち追加」の画像をクリックしてご登録ください。また、LINEのID検索で「@harada0101」を検索しても、お友だち追加できます。アットマークも含めて検索してみてくださいね(^^)

友だち追加

関連記事

  1. コミュニケーション

    相手の状態が変わる魔法の言葉

    こんばんは。原田です。どうやって関わるかで相手の状態が決まる。…

  2. マインドセット

    新しい収益を作りたい!その成果を手にするには「継続」が欠かせない理由

    成果を生み出すためには“継続”が必要です。例えば、コー…

  3. マインドセット

    物事は2度実現する!ハニーの幸せな感情の先取り体験から実感したこと

    今日は、物事は2度実現するってお話しです。年末にハニーとこんな…

  4. マインドセット

    最後だとわかっていたなら、どんな1日にしますか?

    「最後だとわかっていたなら」なんて詩がありますよね。はじま…

  5. マインドセット

    10年前と比べて、出来るようになったことは?

    こんばんは。原田です。今日から11月になりましたね。10年…

▼無料メルマガの登録はこちら

プロフィール


個人起業家のための
オンライン教材構築コンサルタント
原田里史

プロフィール詳細はこちら

Facebook

オススメの記事

  1. コーチング

    積み重ねるって偉大!日常の積み重ねで迎えた節目100回目、アフグロ朝活
  2. コーチング

    何気なく発するその言葉は、あなたの状態を上げてくれるでしょうか?
  3. コーチング

    成長の3つのステージとは?現状を認識して明確な一手を打ち出そう!
  4. ビジネス作り

    本田健さんが新刊『やたらとお金が貯まる人の習慣』で薦める、資産型の商品メニューと…
  5. コーチング

    その選択は、行きつきたい結末につながっていますか?
PAGE TOP