マインドセット

躊躇するときこそ、勇気を振り絞って飛びこもう

躊躇して、つい行動が
止まってしまうことってありますよね。

やったら良さそうだって、
頭では分かっているのに、
飛び込めないこと・・・。

基本、人間は先がよく見えないものは、
恐怖・不安の感情が結びついてしまいます。

そうなると、意識しない限り、
その事柄を避けようとしてしまうんです。

ところで、先日、情熱大陸を観てました。
2012年に放映された
ロンブー田村惇さんの回です。

田村さんは芸能活動の傍ら、
自らが運営するサイトのために、
様々な企画をプライベートでも打ち出しています。

その中のひとつに、
「マスクdeお見合い」
という企画があります。

これはなにかというと、
目は口ほどにものを言う、
の諺からインスピレーションを受けて、
男女がマスクをしながら、
お見合いをする企画。

番組の中でも、
集められた総勢200人以上の男女が、
性別ごとに別れて立っています。

ところが、いざフリートークとなっても、
出会い目的で来たはずの男女なのに、
最初は誰も歩み寄ろうとしないんです。

そんな様子を観て、
痺れを切らした田村さんが
スピーカーホンを使って
大声でこんな言葉を発します。

「なんでこういう風になるかというと、
お互いに躊躇しているんですよ!
相手を見つけに来たんですよね?皆さん。
相手を見つけに来たんですよね」

と。

そのお見合い企画は、
マスクを付けたまま
男女でお話しをしてから、
いいなと感じた異性に告白をして、
オーケーをもらえたら、
お互いにマスクを外す、という流れ。

見事、心が通じ合って
生まれたカップルに対して

「ね、勇気って振り絞ってみるものでしょ?
みんなに、勇気って振り絞る
ものなんだよ、って教えてあげて」

と、誰よりもはしゃいで
喜びながら言葉を添えているんです。

プライベートの企画でも、
今目の前にいる人が
一歩踏み出すことを
全力で支援している。

そんな姿を見て、
素直にカッコいいなぁーと。

お見合い企画に限らず、
つい躊躇してしまう瞬間
って日々ありますもんね。

そんなとき勇気を振り絞って、
飛び込んでいきましょうね。

きっとまだ見ぬ新しい世界が
あなたを待っているはずです。

お読みいただき、ありがとうございました。

最後まで読んで下さったあなたへ

メール講座「あなたもできる!独自コンテンツを販売して資産型の収入を作る7つのステップ」

売れるオンライン教材を構築して、資産型の収入源を作れる7つのステップを配信しています。体験コンサルの優先案内もメルマガから行っています。ぜひ下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスをご入力ください。

LINE@「日々思ったこと、感じたことを発信」

LINE版のメルマガでは、原田が日々思ったこと、学んだことを配信しています。下の「友だち追加」の画像をクリックしてご登録ください。また、LINEのID検索で「@harada0101」を検索しても、お友だち追加できます。アットマークも含めて検索してみてくださいね(^^)

友だち追加

関連記事

  1. ビジネス作り

    テニスだけじゃない!「ショートラリー」を極めれば仕事も恋愛もうまくいく

    こんばんは。原田です。今日は、ラリーを短くしてみよう、というお…

  2. マインドセット

    2017年スタート!『1年=356日』、どのような時間の使い方をしますか?

    あけましておめでとうございます。2017年の幕開けと共に、…

  3. コミュニケーション

    相手の状態が変わる魔法の言葉

    こんばんは。原田です。どうやって関わるかで相手の状態が決まる。…

  4. マインドセット

    『量より質』?『質より量』?迷った時に僕が大切にしたいこと

    こんばんは。原田です。いよいよ今年も残すところ1日ですね。…

  5. コーチング

    日本人の8割は『価値観型』!”ありたい姿”を実現して成功たいあなたにおすすめの記事

    『成功するのに目標はいらない』という本で、平本あきおさんが提唱して…

▼無料メルマガの登録はこちら

プロフィール


個人起業家のための
オンライン教材構築コンサルタント
原田里史

プロフィール詳細はこちら

Facebook

オススメの記事

  1. ビジネス作り

    自分の商品・サービスを持つことが、経済的自由人の近道
  2. 動画で解説

    コンサルでお伝えしているマーケティングマップとは?
  3. ビジネス作り

    「それ買いたいっ!」という気持ちを抱いてもらうには?
  4. お知らせ

    瞬時に手元にメッセージを届けられる、LINE@の配信スタート
  5. ビジネス作り

    「自分の能力に自信をもつ」vs「相手の成果に責任をもつ」
PAGE TOP